GARAGE WORKS

diary

number:

104

2012.10.19

さささいかい&緊急告知です。

SAIKAI

 

 

 

どっこい生きてます。はい、ヒジョーに元気です。

何をやってもあまり続かない性格・・・なおしたい気持ちでいっぱいですが・・・うん、どうでしょうか。なおしてみます。

どうせだれも見てないしねーっと思っていたら、会う人会う人に「見てますよー(最近更新しませんねー)」などと声をかけてもらい、嬉し恥ずかしな感じで、またちょっと更新なんてしてみたりしております。ありがとござんす。

 

テレビも見ないし、ついったーやらふぇいすぶっくやらはよくわからず、あいほんもないし、時代からは完全に取り残された感はありますが、その分、マイペースでのほほんと過ごす毎日。お店はまだ始まったばかりでなんだかんだとバタバタしとりますが、そんな毎日にも最近慣れてきました。(あいほん5を買っちゃおうかなーなんて、最近思ってるんですがね〜)

 

築40年を超える鉄工所。こいつとの付き合いももうすぐ1年に近づいてきて、問題を見つけては治し、また見つけては治し。音漏れやら雨漏りやら、何かと漏れることの多いこいつの修繕は、いわゆる「人の目につかないところ」ばかりで、建物全体を満足いくまでカッチョ良くするのに、いったいどのくらいの時間が必要なんでしょうか。

ま、それもまた、コツコツとヒマせず、飽きずに過ごせる、この物件を借りた理由ではありますがね。

 

ほんでも、雨漏りでも音漏れでも、必要に迫られて屋根の上に登ったり(地上7メートル!恐過ぎです)、天井に防音材を貼付けたりなんざをいろいろやってると、普通の生活ではあまり必要ないであろうと思われる能力がいろいろ身に付くもんで、「作る人」ことゴローさん(GORO'Sのゴローさん、または「北の国から」のゴローさん)を目指すオイラとしては、何をやっていても、それはそれで楽しいもんです。必要な能力です。そんなことをしていると「お、これはブログで書けば面白かったのになー」なんてことが意外と多く、そんなこともあって、再開してみたわけでやんす。

「別に自分でやりたくはないんだけど、見てる分には楽しい」

そんなネタを随時お届けしたいと思います!

 

ところでところで、緊急告知。

オープン以来ではありますが、アニキのアユムがウチの店で「珍しい」トークライブをやることに。

しかも今週の土曜日に。近!

そんなわけで緊急告知です。

いつものトークとはまた違った切り口で、「アホアホ失敗ネタ」を余すところなくご披露するとかしないとか。まぁ、山ほどあるんですよね、失敗談。というかむしろ、成功したと思われるネタの10倍はあるでしょう、少なくとも。仲間と飲んで昔話が始まると、毎回笑い過ぎでお腹いたくなるわ涙出るわで大変です。

お時間、完全にありませんが、気になる人はぜひに!

 

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

 

高橋歩 特別限定トークライブ

「毎日が冒険・番外編」

高橋歩の自伝的ストーリーについて、今までトークライブではあまり語ったことのない、裏話・笑い話・馬鹿話・ぶっちゃけ話のオンパレード。悩んでいるのが馬鹿らしくなる、笑って笑って元気になれる高橋歩の原点的・幻のトークライブが、二子玉川の隠れ家的Cafe-Bar「Soul Tree」でシークレットに復活します。

注*役に立つこと、真面目なことは一切カット!?感動的な話はございませんので(笑)、ご了承ください。

 

日時:2012年10月20日(土曜日)

場所:café SoulTree(カフェ・ソウルツリー)

イベント開催:19:00開場 19:30スタート 20:00~高橋歩トークライブ

 

◆日程・タイムテーブル:2012年10月20日(土曜日)

19時00分開場/19:30 開演、終了:22:30予定 その後、飲み会


◆会場:café SoulTree(カフェ・ソウルツリー)

〒157-0077 東京都世田谷区鎌田3-2-15

TEL 03-6411-7312   OPEN 11:30-26:00

 ◆入場料:3,000円(1ドリンク&軽食付き)

*その後、必要な方はドリンク&フード・・・キャッシュオンにて。

◆定員:50名


◆お問い合わせ:株式会社A-Works TEL 03-6683-8463 担当:こかい


◆予約:お名前、メールアドレス、電話番号、参加人数をご記入の上、下記メールアドレスにお送り下さい。件名は【高橋歩イベント申し込み】にして下さい。
office@a-works.gr.jp


※定員になり次第、締切ります。

 

 

comment (0) | trackback (0)

GARAGE WORKS / Minoru Takahashi
PAGE TOP
PREVIOUS PAGE
NEXT PAGE